DynaPro Plate Reader

DynaPro Plate Reader

ハイスループット、動的および静的光散乱測定の自動化

プレートによる測定にアップグレード

従来のキュベットベースの動的光散乱ユニットを自動化可能なDynaPro®PlateReaderIIIに置き換えることで、パフォーマンスに革命をもたらします。 DynaProは、医薬品およびナノ粒子製剤のハイスループットサイジングおよびスクリーニングに優れており、他のDLS機器では不可能な新しいワークフローを可能にします。ほんの一握りのサンプルを実行する必要がある場合でも、それは生産性を大幅に向上させます。


包括的なソリューション

DynaProPlateReaderは安定性評価のための包括的なソリューションを提供します。プレートベースのDLS及びSLSの測定を通じて、凝集、凝集体のサイズ分布、溶液の分子量の変化、および凝集の傾向(熱安定性(Tonset, Tm, Tagg)とコロイド安定性(A2/B22, kD)の両方の指標)を測定します。濃縮タンパク質溶液の粘度でさえ、1枚のプレートで数十の製剤にわたってスクリーニングできます。

DynaProは、ウイルスベクター、非ウイルスベクター、ナノドラッグデリバリー担体などのナノ粒子の処方とプロセス開発のために、サイズと多分散性の基本的なDLS測定に加え粒子濃度/物理力価も測定できます。その自動化は、プロセス開発中にフラクションをスクリーニングし、品質管理でCQAを定量化するために特に重要です。


DYNAMICS®と互換性があります®

DynaProPlateReaderは、動的および静的光散乱データを収集、分析、および報告するための強力なソフトウェアパッケージであるDYNAMICSによって操作されます。

DYNAMICSには21CFRPart 11準拠のセキュリティパックオプションが用意されており、GMP環境でDynaPro PlateReaderを使用できます。

DLSに革命を起こす

DynaPro PlateReaderは、業界標準のマイクロウェルプレートで、タンパク質、ナノ粒子、その他の高分子のサイズ、分子量、濃度、相互作用の動的光散乱(DLS)および静的光散乱(SLS)測定を提供します。スループットを最大化し、サンプルのキャリーオーバーを最小化するために、プレートに分注した後、液体の取り扱いは発生しません。この画期的な機器は、以下の製剤プロセスの迅速な最適化を提供します。


豊富なアプリケーション

DynaPro PlateReaderは、次のような追加の要求の厳しいアプリケーションに対応するために、比類のないレベルの使いやすさ、生産性、再現性、および柔軟性を提供します。

  • 凝集またはオリゴマー化の評価
  • 複数のプロセスのAAV力価の定量化
  • タンパク質の安定性の決定-熱変性やコロイド安定性などのパラメーターを示します
  • タンパク質結晶化の最適化
  • 可逆的会合と粘度について高濃度タンパク質溶液をスクリーニングする

ホワイトペーパーを読む


主な機能

  • 0.5nmから1000nmまでの流体力学的半径を測定します
  • 直径320nmまでの粒子の粒子濃度を決定します
  • リゾチーム測定において、0.125mg/mLでのサイズ測定に対応する感度があります。
  • 1〜1000kDaの重量平均分子量を測定します
  • 96、384、または1536ウェルの業界標準マイクロウェルプレートを使用できます
  • 4μLから150μLのサンプル量で測定できます
  • 全ての測定は、ウェル内で行います。
  • 4°Cから85°Cへの温度上昇に対応します
  • プレートベースの液体処理ロボティクスと統合できます。

DynaPro PlateReaderIIIの紹介


自動化されたDLSへのステップアップ


See how easy it is to make measurements with the DynaPro Plate Reader

Courtesy of Yale University Chemical and Biophysical Instrumentation Center

豊富な機能

  • プレート全体の温度均一性に優れ、4°Cから85°Cまでの急速または低速の温度上昇に対応します。サンプルは並行して加熱され、すべての充填されたウェルの各温度を測定します。
  • 5〜10秒の短い読み取り時間
  • 蒸発を防ぐために、オイルまたはシーリングテープでウェルを密封できます。テープは、凝縮を防ぐために穏やかに加熱されます。
  • ワークフローがプレートベースのため、DLS / SLSに加えて分光法やその他のプレートリーダーを利用する場合に、液体処理ロボットと統合し、高いレベルでの自動化を実現します。
  • データ診断を支援するために、各ウェルを下から観測するため(たとえば、降水や気泡の形成を検出するため)のカメラを設置しています。

搭載カメラによって収集された一連の画像。きれいなウェルと、気泡、結晶、沈殿物を含むウェルを示しています。

ラボの自動化

OLEソフトウェアAPIは、DynaPro PlateReaderをハイスループットラボでのロボット液体処理に接続するために使用できます。この機能により、完全に自動化されたプレートローディングとデータ収集が可能になります。

Wyattは、メッキされたサンプルの自動ローディングと分析のための統合ソリューションを提供するいくつかの企業と提携しています。: 

ハドソンロボティクスプレートトランスファー

クリックしてビデオを再生

ハドソンロボティクスにお問い合わせください

さらに、Hamilton Robotics、Caliper Life Sciences、HighRes Biosolutions およびTecanは、カスタム統合サービスを提供しています

DYNAMICS® - ウェルプレートスキャン、温度ランプなどを自動化し、DLSおよびSLSデータを分析して、サイズとサイズ分布、分子量、溶融または凝集の温度開始、粒子濃度、第2ビリアル係数A2、および拡散相互作用パラメーターkDを決定します。

DYNAMICSには21CFRPart 11準拠のセキュリティパックオプションが用意されており、GMP環境でDynaPro PlateReaderを使用できます。

サポートしているウェルプレートフォーマット 96、384、または1536 *
動的光散乱
   サイズ範囲(半径、Rh 0.5〜1000 nm
   最小濃度@14kDa 0.125 mg/mL
静的光散乱
   分子量範囲 1000〜1 MDa††
   最小濃度@67kDa 1 mg/mL †††
光学
   レーザー波長 830 nm
   レーザーパワーコントロール プログラム可能10%– 100%
   減衰範囲 1~105
温調 4〜85°C ††††
流体工学
   最小サンプル量 4 µL †††††
データ取得時間 読み取りごとにウェルごとに1〜3600秒
ウェルあたりの読み取り時間 5〜20秒
エレクトロニクス
   コーリレータ― 512チャンネル ††††††
   オンボードカメラ 3メガピクセル †††††††
   デジタル通信 イーサネット(TCP / IP)
寸法 60 cm (L) x 36 cm (W) x 25 cm (H)

*多くの業界標準のウェルプレートをサポートします。サポートされているプレートのリストについては、[email protected]にお問い合わせください。

384ウェルプレート(Wyatt P / N P8803-384)でリゾチーム(14 kDa)サンプルを50 µL、指定された最小濃度、100秒の取得。

††上限はコンフォメーションによって異なります。Rhは最大 12 nm に制限されます。

††† 最小濃度は、384ウェルプレート(Wyatt P / N P8803-384)で50 µLのBSA(67 kDa)サンプル、100秒で取得されます。

†††† 精度は、4〜50°Cで±0.5°C、50〜80°Cで±1°Cです。最低温度4°Cには、24°C以下の実験室温度が必要です。

††††† 1536ウェルプレート(Wyatt P / N P8803-1536)で、2mg/ mLリゾチームで指定された最小容量、25秒の取得。

†††††† マルチタウレイアウトでの100ナノ秒のサンプリング時間

††††††† カメラは、4〜50°Cの範囲のサンプル温度で動作し、50°Cを超えると自動的に電源がオフになります。


ホストPCの要件は、コンピューターの要件に記載されています。

仕様は予告なく変更される場合があります

その他のDLSおよびELS装置

DynaPro NanoStar, molar mass determination, molar mass measurement, molar mass analysis, molecular weight measurement, molar mass characterization

DynaPro® NanoStar® II - サンプル量が2µLと少なく、温度制御が-10°Cから+ 120°Cに及ぶため、NanoStarは従来のキュベットベースのDLS機器を超えています。真の分子量と信頼できる粒子濃度を決定するために、DLS検出システムと並行して最適化された静的光散乱検出器を設置しています。

Mobius - タンパク質、高分子、およびすべてのタイプのナノ粒子を、信頼性の高い電気泳動移動度とサイズ測定を行うための、最も優れ、用途の広い光散乱装置です。 Wyatt TechnologyのMobiusは、ほとんどの水性バッファー中の半径2 nmの高分子(およびミクロンサイズのナノ粒子)を信頼性が高く、再現性があり、非破壊的な電気泳動移動度測定を行う最初で唯一の光散乱装置です。

https://www.wyatt.com/products/dynapro-plate-reader-product-info-request.html